2019年02月09日

りんごポリフェノールの真実?

りんごに含まれるリンゴポリフェノールには高い抗酸化作用があることは知られていますが、このポリフェノールは完熟の赤いりんごより、少し青いりんごの方に多く含まれるのだそうです!


青い(未熟の)りんごにはクエン酸も多いので一石二鳥だとか。


ただ、やはり早採りした美味しくないりんごは食べたくないでしょうから、もともと完熟前に収穫するつがる等の早生種の方が健康効果は高い?


そういえば以前は、摘果で落とした青い実を集めてクエン酸を作っていたそうですが、これは単純に捨ててしまう摘果した実の有効活用というだけでなく、青い実の方がクエン酸が多く含まれているということだったのでしょうか。


農薬使用基準の順守が叫ばれるようになって、摘果りんごの荷受けは中止されました。


摘果は長期間にわたって続くうえ、その時期に使用する農薬は収穫前使用期日(収穫の何日前まで使っていいですよ、ということ)が長いものが多く、農薬の残留が心配だからです。


posted by 農天気 at 22:18| Comment(0) | よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: