2019年05月11日

マメコ飛行隊強化計画

マメコバチをりんごの授粉に活用しようと試み始めてからもう何年か・・


最初は近所のりんご生産者の方の巣のそばに葦筒(よしを短く切って束ねたもの)を置かせてもらい、そこに入ったマメコちゃんをうちの畑に連れ帰りました。


当然、その翌春はたくさんのマメコちゃんが元気に飛び回って活躍してくれるのですが、葦筒にお家作って子供を増やしてくれるのかと思うとそうでもない。


わずかに営巣して生まれたハチを翌春出してみると、そこから飛び出したマメコちゃんは、あわれダニだらけ・・・


たくさんのダニにたかられて動きも鈍く、見るからに可哀そうです。当然長くは生きられません。


おまけに鳥にいたずらされて、筒は引っ張り出されてしまうし・・・


そんなこんなでマメコちゃんは増えるどころか減る一方・・


そもそも中途半端な気持ちでマメコバチを飼おうとしていた己が悪い!


とようやく気付いたこの春。


心を入れ替えて、マメコの住みやすい環境を作ってあげることにしました。


・りんごの花が咲くまでの花粉源として、菜の花を咲かせる。


強い風当たりを防ぎ、巣箱を暖かな環境に置く。


・鳥が近寄れないように網で覆う


・ちゃんと、湿った土採り場を用意する。

(マメコは土を使って、幼虫の部屋を作るから)


ダニの防除をする。


結果はどうなるか、こうご期待!

blog190511-1.jpg

青森の篤農家から購入しました!
はるばるやってきたマメコちゃんたち、
すでにみんな飛び出しています。

blog190511-2.jpg

新しい筒もセット。

blog190511-3.jpg

穴を掘り、水タンクを設置して点滴潅水。

常に湿った状態をキープします。

blog190511-4.jpg

ビニールで雨と風を防ぎ、下部はネットで覆って、カラスらを寄せ付けません。
posted by 農天気 at 20:46| Comment(0) | よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: