2019年05月18日

蜂は守れるか?

chang.org」というキャンペーンサイトがあります。


会員が社会の様々な問題を提起して、オンライン上で署名を集めるサイトです。


私もときどき署名しています。


私の関心のありそうな話題をピックアップして(るんだと思う)署名を求めるメールが送られてくるのですが、先日「グリホサート製品とネオニコチノイド系農薬製品の販売を中止してください!」というキャンペーンが来ました。


グリホサートは「ラウンドアップ」というおそらく世界で最も売れている除草剤の成分。ネオニコチノイドは殺虫剤の成分のひとつで、とくに蜂への影響が大きいことが以前から主張されています。


グリホサートについては来週にまわして(本当か?)今回はネオニコ。


といってもあまり調べていない・・


ニコチノイドだからニコチンですね。タバコのアレです。


ニコチンが虫に効くというのは昔から知られていたようで、タバコを水に浸してニコチンを溶出させたものを田んぼに撒いていた・・とかいう話を聞いたことがあります。


油で虫の気門をふさいで窒息死させる方法も昔からあって、食料油とか、油なら何でもいいからとりあえず撒いとけ的時代があったようで、それが今のスプレーオイルなどのオイル系農薬になっているんですね。


合成ピレストロイド系」農薬も、蚊取り線香に使われていた除虫菊の成分がもとになっているし、そういうの結構多いみたいです。


それはさておき、飯綱町でも議会でネオニコを禁止したらどうか、という議案が出されていました。


そう言われても、町としては簡単にウン、とは言えない。なにしろ農家が多いですからね。

下手に禁止して被害が甚大なら大変なことになりますから。


それでも、意欲があれば、「すぐにはできないが研究会を発足させて、検討してみる」ぐらいは言えるはずですが、そういう考えは今のところないようです。


たしかに蜂の数が減少しているのは現場でも感じられるらしく(私はキャリアが浅いので、よくわかりませんが)、その原因をネオニコに求める向きも多い。


ヨーロッパのある国では(フランスだったかな?)ネオニコ禁止したけど、その後蜂の数が回復したという報告はないそうです。


そもそもネオニコがダメで、「合成ピレストロイド」や「有機リン」はいいのか?という話もあります。


ネオニコ=悪の元凶


という構図は、ネオニコ系農薬で稼いでいるメーカーにしかけたライバル企業の策略・・?と思ったりもします。


そう言いつつも、ウチでは昨年からネオニコ系殺虫剤は使っていません。


ネオニコ批判を頭から信じているわけではないし、別の殺虫剤を撒くなら結局同じじゃないの?という心の声も聞こえますが、もし、これで蜂が増えるなら・・という期待があります。


昨年はネオニコを使わなくても、平年以上の被害はありませんでした。


今年は委託されている町のりんご並木の消毒も、非ネオニコ体系で行こうかと思案中。

これでうまく害虫を抑えられれば、町も動くかもしれませんね。


少なくとも「日本一のリンゴの町を目指す」と公言していることですから、「脱ネオニコ」宣伝はイメージ戦略(あえてこう言いますが)としても良いと思います。


消費者はこういうのに弱いですから。

posted by 農天気 at 21:42| Comment(0) | よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: