2019年06月01日

農薬の安全性について考える

グリホサートに限らずですが、農薬の安全性について考えるときに、おさえておきたいことがあります。


@リスクとベネフィットをはかりにかけて使用の是非を考える。


A動物を使用した試験では、基本的に何らかの症状が出るまで投与を続けるので、症状が出たこと=その成分が危険・・・・ではない。


B農薬にもっとも被ばくしているのはまず、研究開発に関わる人たち、次に散布している農家であり、その量は残留農薬からのみ摂取している一般消費者のおそらく数十倍〜数百倍と考えられる。だからもし健康被害があるのなら、まっ先にこういう立場の人たちに出るはず。


C発がん性が疑われるという表現がよくなされるが、私たちが普段口にしている野菜等にも多少の違いはあれ発がん性物質は含まれている。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

@について

 風邪薬であれ何であれ、クスリと名がつくものは常に副作用などのリスクを抱えています。それでも使用することによる利益が大きいからみんな使っているのです。

 よく引き合いに出されるのが自動車です。自動車による事故死者数は毎年数千人。対して農薬による死者数は一桁です(自他殺除く。残留農薬摂取によるものは数値上はゼロ)。 

 「農薬が原因とはっきりしなくても、見えない健康被害はあるだろう」

という意見も当然あります。急性毒性の判定は容易でも、慢性毒性の証明は難しいのが実情です。農薬に対する不安が払しょくできないのはこの点でしょう。


Aについて

 よく、「動物実験ではこんな健康被害が出た」という批判記事を見かけますが、実験では、何らかの症状が出るまで投与を続けるそうです。症状が出ても、そこまでの投与量が通常ありえない量であれば問題とはされない。食塩でさえ、大量に摂取すれば人は死んでしまう、というのも例えとしてよく出されます。


Bについて

 個人的にあまり指摘されないな、と思うのがこの点です。残留農薬の検査ではほとんどが検出限界以下。仮に検出されても=健康リスクがあるわけではなく、定められた基準値を超えなければ問題はないとされています。

 一方で、散布する側にとっては、「吸い込まない」という前提で考えられているのではないかと思います。防護服(単に雨具)に身を包み、マスクをしていても、まったく吸い込まないということはありえず、その吸収量が残留農薬の量とは桁違いだということは誰でも想像できると思います。

 となると、都会より農村地帯の方が、農薬の健康被害ははるかに多く出ているはずですが、統計上有意な差は認められていないのではないでしょうか。

 農薬の空中散布で気分が悪くなった・・というニュースはたまに出てきますが、これは急性毒性なのでまた別の問題です。


Cについて

ガンの原因特定は難しく、それゆえに得体のしれない恐怖感を人に与えるのでしょう。「発がん性がある!(疑いがある!)」と言われたらそれを完全に否定することは難しい。ある意味、健康被害を訴えるにはとても便利なのです。

 しかし、@でも触れたように、世の中にリスクゼロというものは皆無で、大切なのはそのリスクが許容範囲であるかどうかです。普段私たちが口にしている食品等にも微量ながら発がん性物質は含まれていると言われています。そしてその量は残留農薬のそれより桁がふたつくらい違う(多い)とも。

 毒となる要素がある程度含まれていても、それを解毒しながら人は生きています。


 私は農薬を使用する立場ですが、多くの農薬否定論者と同じように専門家ではありません。@、A、Cについては書籍やサイトからの受けうりですし、Bについても数値上の根拠を明示できません。ただ、いろいろな見方があるということは知ってほしいと思います。


・・また脱線気味・・・


posted by 農天気 at 21:06| Comment(0) | よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: