2019年06月15日

中心果どこ行った?

今季、りんご農家は大騒ぎです。


何でかって言うと・・・


りんごが生っていない。


もしくは生っていても中心果がない。


ちなみにりんごはひとつの芽から複数の花が咲きます。中心にある花が中心花(実になると中心果)、周囲の花が側花(同側果)、前年、中心果の方が早く作られ、時間をかけて充実してくるため、側果より中心果の方がよいりんごになります


とくに早生種(つがる・シナノリップなど)・中生種(秋映・スイートなど)は中心果と側果でかなり優劣がハッキリするため、摘果の時の中心果残しは必須です。


その中心果がない!


うちでもスイートや名月など、「こんな綺麗に中心果だけ落ちることができるの?」ってくらい中心果はありません。


理由は大きく二つ考えられています。


ひとつは前年、花芽がうまく形成されなかった。


もうひとつは開花前後の霜の害です。


昨年はカラ梅雨でした。


花芽の形成期は6〜7月頃ですが、その時期に雨が全く降らなかった。


なんらかの影響は出てくると思いましたが、やはり全体的に花芽が充実していなかった、もしくは花芽自体ができなかったのです。


この春は開花時期が天候不順だったために、畑によって開花時期がだいぶずれました。


強い霜が降りたときに、花がどの状態だったかによって明暗はわかれました。


・中心果がほとんどない畑。

・全体的の花・着果が少ないが、中心果はそこそこ残っている畑。

・意外と着果良好な畑。


北信濃だけではなく、県全域で状況は芳しくなく、また最大産地の青森でも花ぶるい(花は咲いたが実にはならなかった)が多かったそうです。だからこの秋、りんごの市場価格は上がるのではないか・・などという声が聞こえますが・・・


豊作貧乏もいやですが、やはり良いものがたくさん採れた方が嬉しいものです。

だから価格上昇の期待より心配の方が大きいです。


ちなみにうちのリンゴ畑は1枚だけ遠く離れているのですが、そこは開花が12日遅かったせいか、結実はそこそこ・・

畑はまとまっていた方が楽ですが、リスク分散のためにはやはり離れた畑もあった方がいいかも知れません。




posted by 農天気 at 22:33| Comment(0) | よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: