2019年06月22日

RACコード

農薬には「系統」というものがあります。


作用機構や分子構造の違いによって分類されています。


殺虫剤なら、有名どころでカーバメート系・有機リン系・ピレストロイド系・ネオニコチノイド系など。

殺菌剤なら、黒星病耐性菌の出現で一気に「使えない薬剤」にリストアップされてしまったDMI剤やQol剤。またテトラサイクリン抗生物質・SDHI剤など。


耐性菌・抵抗性害虫の発生を防ぐために、薬剤はローテーション散布(複数の異なる薬を順番に使用する)が基本ですが、その際に系統名が利用されます。


「この前、有機リンを使ったから今回は合ピレ(合成ピレストロイド)でいこう」のように。


ただ、私たちは系統名で言われても、その薬がどこにあてはまるのかよくわからない。

農薬の容器に書いてあればよいのですが、なぜかほとんど無い


すっきりしないので一覧表を探してみたら、簡単に見つかりました。

それがRACコード表


Resistance Action Committee の略です。


殺菌剤の場合はFungicideResistance Action Committee でFRAC.


殺虫剤はInsecticideResistance Action Committee でIRAC


あまり使われませんが除草剤はHerbicideResistance Action Committee でHRAC


P1090929.JPG


最近になってようやく農薬ラベルにもこのコードを記載するメーカーも出てきたようですが、それにしても動きが鈍い・・


由らしむべし 知らしむべからず」と言いますか、


「農家に理屈教えてもしかたない、俺らの言うとおりにやってりゃいいんだ」とでも考えているのでしょうか。


どうも農協をはじめとする農業機関は農家をみくびっているように感じることがあります。


一方で農家は自分で考えることを面倒くさがって、ただ農協の言うがままに肥料を撒き、農薬を撒いているケースも多いです。


先日も、農薬店で、次に散布する農薬の種類について相談していたら、そこに居合わせたベテラン農家曰く


「いろいろ考えてんだなぁ。俺はわけもわかんねえで言われるまま撒いてるだけだ。」


こういう意識がとくに高齢兼業農家に多い。


ある人の考察では(農民作家の山下惣一さんだったと思いますが)、日本の農業はコメ作りを基盤としていて、コメ作りというのは用水を皆で管理して共同で利用しているために、他の人と違うことがやりづらいし、そういう人は敬遠される、だから自分で考える習慣ができなかった、とのことです。


だいぶ(また)脱線してしまいました。


前回防除は、農協や農薬店の作った防除暦では、殺虫剤はアルバリンを使用することになっていましたが、アルバリンはネオニコチノイドなので、うちではディアナというクスリをチョイスしたのですが、あとで見てみると・・・


ディアナのコードは「5」でスピノシン系

ネオニコは「4Aなので、コードは違うのですが、「作用機構」を見てみると、

ネオニコが「ニコチン性アセチルコリン受容体競合的モジュレーター → 神経作用」。

スピノシンが「ニコチン性アセチルコリン受容体アロステリックモジュレーター → 神経作用」。


ほとんど同じやん!!

この「競合的」と「アロステリック」の違いが大きいのか?


今度確認しなくては!!


posted by 農天気 at 18:36| Comment(0) | よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: