2019年07月13日

殺虫剤の選択性

対象とする害虫に対して高い毒性(殺虫活性)を示すが、人畜を含む哺乳動物や有用昆虫など非標的生物に対して低毒性の殺虫剤のことを「選択性殺虫剤」といいます。」(農研機構「農業技術事典」より)


対象害虫が広いものを「選択性が低い」、少ないものを「選択性が高い」といいます。


昔は害虫益虫の区別なく、日本を爆撃した米軍よろしく無差別攻撃する殺虫剤がほとんどだったのですが、現在では特定の害虫を狙う選択性殺虫剤が増えています


ときどき「農薬の毒性はどんどん強くなっている」という被害妄想的記述を目にしますが、実際には選択性が高まることで、人畜や益虫への毒性はどんどん低減しています。


BTはバチルス・チューリンゲンシスという細胞を利用した薬剤で、摂取すると胃の中で殺虫性のたんぱく質を作りだして、虫を死にいたらしめますが、アルカリ性の消化液でしか形成されないため、胃液が酸性の哺乳類には効きません


IGRは脱皮を阻害したり、逆に虫を混乱させて脱皮を無理やり促進したりするクスリなので、脱皮をしないハチには効果がありません


私たちはダニを退治するために殺ダニ剤を使います。つまりダニは普通の殺虫剤では死なないということです。


うちでは前回の防除で、ネオニコ系殺虫剤の代わりに有機リン系殺虫剤のダイアジノンを使いました。ダイアジノンはシンクイガ(の幼虫)やワタムシ・一部のカイガラムシにはよく効きますが、アブラムシには効果が劣るとされています。


実際、散布した後でもアブラムシはわんさか・・・


ガの幼虫を殺せる薬でも、あんな小さなアブラムシを殺すことはできないのです。こんな代物がどうしたら人間に悪影響を及ぼすのか聞きたいくらいです。


選択性とはちょっと違いますが、虫にはよく効くけど、人体毒性は低い、という殺虫剤もあります。

戦後、日本でもよく使われたDDTもそうです。


あの時代、DDTは世界中でびっくりするくらい大量に使われたらしいですが(ちなみにDDTの殺虫効果を発見した博士はマラリア撲滅の功績によりノーベル賞を受賞)、なぜそんなに大量に使われたのかというと、人体毒性が(少なくとも急性毒性は)低かったからです。


私は「DDT世代」ではないので話でしか知りませんが、戦後しばらくの間、人々はノミやシラミを退治するためにDDTを使いまくりました。頭からふりかけたり背中に入れたり、布団にまいたり、もうやりたい放題。今考えるとゾッとしますが、当時はそれによる中毒例はほとんどなかったようです。

DDTが製造中止になったのはその環境中に長くとどまって分解されにくい性質ゆえでした。


ちなみにプロレス技のDDT(脇に相手の頭を抱え込んで後ろへ倒れこみ、頭部をリングに叩きつける技)の名称はこの殺虫剤に由来しています。

なかなかユーモラス。


posted by 農天気 at 20:48| Comment(0) | よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: