2019年08月03日

モンサントが大変!

知り合いのfacebookを久しぶりに見てみたら、おもしろいニュースがシェアされていました。


先日も少し触れた世界最強の除草剤ラウンドアップの販売元モンサントが大変なことになっているというのです。


ラウンドアップの成分グリホサートで癌になったとして起こされた裁判でモンサントが敗訴、原告の夫婦に2200億円の賠償を命じたとのこと。


アメリカでは「一般人VS大企業」の裁判で、日本では考えられないような巨額の賠償金が企業側に課されることがありますが、いやはや、さすがです。


昨年、モンサントを買収したバイエル社の株価も暴落、大規模リストラに踏み切ったらしいです。


そして同様の訴訟が1万2000件起こされているとか。

そりゃ2200億もらえるとなれば、消費者も弁護士も猫も杓子も訴え出たくなるでしょう。

訴訟大国アメリカの面目躍如です。


以前、私はモンサントは除草剤耐性遺伝子組み換え作物で種子支配を進めていて、そのため好きではないと言いましたが、今回は遺伝子組み換えではなく主力農薬のラウンドアップがやり玉です。


モンサントが、ラウンドアップの成分「グリホサート」に発がん性があることを知りながら、それを隠していたということです。


しかもネオニコチノイド同様、人の神経を侵すので、発達障害の原因になるとか。


こんなこと言われたら、ナイーブで、科学的根拠より感情的不安が優先される日本人はイチコロです。

もちろん、本当にクロなのであれば使用禁止も当然検討すべきですが、信頼できる根拠もなくグリホサートを廃止に追い込めば、魔女狩りのごとく、次から次へとターゲットは広がっていくでしょう。それが果たして日本の食料の安定供給にプラスになるかは疑問です。


今回の投稿元は国会議員らしいので、ぜひ国レベルで研究して冷静な判断をお願いしたいところです。

欧米ではこうなってる、ではなく、日本が独自に安全性を検証・判断するべきだと思います。


posted by 農天気 at 20:00| Comment(0) | よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: