2019年08月24日

とんだ勘違い

川中島白鳳」という桃の品種があります。

「川中島白桃」でもなく「白鳳」とも違います。

だからどちらにも略せないし、「川白」は「川中島白桃」なのでこれもムリ。


まったく何でこんな名前にしたのか理解に苦しみます


それはさておき。


私の園地にも1本川中島白鳳があります。

この園地を引き継ぐときにそう教えられました。


見た目は「あかつき」そっくりです。品質が安定して良いので、2年前に苗木屋に二本注文しました。

今年初生り。

ところが!


見た目がうちにそれまであった川中島白鳳と全然違う


色が濃くて、どちらかと言えば「なつっこ」に近いです。


苗木屋が苗木の種類を間違えることはたまにあるので

「ちきしょうめ、補償させてやる!」

といきりたち、

購買当時の決算書類を引っ張り出して請求書を確認、たしかに「川中島白鳳」二本を注文済み。ノートと照らしても、件の二本がこの苗木であるのは間違いありません。

早速電話して抗議しようと思っていた矢先・・・


桃の集荷場で「川中島白鳳」が出荷されているのを見ました。

(川中島白鳳は地元農協の推奨品種ではないので、栽培している人は少なく、出荷もたまにしかない)

それ見てびっくり!

あの「色の濃い得体のしれない品種」ではないですか。


え?これが「ホンモノの」川中島白鳳?

じゃ、今までそれだと思っていたのは実はただの「あかつき」だったわけ?

お客さんに「川中島白鳳」だって言って売ってましたが・・


前の園地管理者に言われたとはいえ、勘違いに気が付かなかったとは・・お粗末な話です。

恥ずかしいですね。

posted by 農天気 at 19:00| Comment(0) | よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: