2019年09月14日

日傘は必須の時代

町の図書室(図書館というほど大きくない)に行って物色していたら、こんな本がかなり目立つ置き方で並んでいました。


blog190914.jpg


「失敗しない家庭菜園」とか「誰でもできる自然農法」みたいな「裏庭で果樹を育てている初心者向け」という感じの表紙です。


あまり期待しないで開いてみると、やはりかなり基本的な内容なのですが、この本、山梨の桃研究者が書いています。


桃の最大産地・山梨は、長野や福島とは少し栽培ノウハウが違うようで、前々から気になっていました。


中でも興味があったのは、山梨の桃農家は桃に掛けるのに二重袋を使う人が多いということ。


二重袋は、一枚袋をはぐと中の半透明の袋が傘のように残ります(下が閉じているバージョンと開いているバージョンがあります。開いている方が一般的らしい)。


傘が残ることで雨に濡れにくくなって病害の防止になり、かつ光は通すのでちゃんと着色するという仕組みです。


なぜ山梨で使っていてこっちでは使っていないのか。

聞いたことはありませんが、おそらく生育の早い山梨では梅雨の最中に除袋するので、その後の雨の被害が大きいことと、この袋は除袋がとてもやりやすく早いらしいので、規模の大きい桃農家が多い山梨ではその点が重宝されているのかな、と。


うちでは近年、雨による病害(くされ)や強い日射による日焼けの被害が大きいので、この二重袋に関心がありました。


この本でメリット・デメリットや使い方がだいたいわかったので、来年導入しようと思います。

posted by 農天気 at 22:10| Comment(0) | よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: