2019年09月21日

タコつぼの神秘

先日取り上げた「おいしいモモ栽培」でもうひとつ興味深かったのが、その施肥方法


このあたりでは、桃に肥料をくれるときは植え付け時を除いて表面散布、つまり地面の上に肥料をまいて終わり、以上、というのがほとんどです。

水に溶けて(有機肥料の場合は土壌微生物に分解されてから)肥料成分が土に染み込み、それを根っこが吸って効いてきます。


桃はりんごに比べて根が浅く張るので、表面施肥でも効果が実感できます。

ただ、それでも土壌表面から土中に染み込んだ成分がどの程度根まで届いているかといえばはなはだ心もとない。


ある説では(りんごのケースですが)、草生栽培(表層を耕した状態ではなく、草をはやした状態で管理する方法)の場合、施用した窒素のうち樹に吸われて活用されるのは1%(!!)だという話もあります。


1%はともかく、表面施肥は効果の発現まで時間がかかり、かつムダが多い、という気はずっとしています。しかも表層に近い位置に肥料成分があれば、根っこも当然浅い位置に張ることになり、結果、干ばつなど土壌の環境変化に弱くなります。


前振りが長いですが、その「おいしいモモ栽培」が推奨する方法は「タコつぼ施肥」。


穴を掘ってそこに肥料(特に堆肥をはじめとした有機質)を土と混ぜて埋め戻す方法です。


深い位置に肥料を置くことで、雑草に吸われる量を抑え、ターゲットである桃の樹にしっかり効かせる。しかも根っこは深い位置に張るし、腐植(有機物が分解されてできた黒っぽい土)を土中にしっかり供給することができる・・実にいいことづくめの方法です。


しかしわざわざ穴を掘るのですから面倒くさい。庭木ならよいですが、何十〜100本以上もある樹のすべてに行うのは至難です。

本には、「30pの穴をできれば80cm、最低でも50cmの深さで」と書いてありますが、ある程度の大きさのオーガがなければムリ!


つまりそれがこの地域で普及していない理由だと思います。

でも、うちの樹はいつも葉色が淡くて葉が小さいので、なんとか肥料を有効にきかせたいと思っています。

穴を掘ると当然その部分の根っこが切れるので、それがよくないと思っていましたが、その本によれば、実は少し根っこは切ってやった方が、そこから細根がたくさん出て良いのだそうです。

だとしたらやるしかない!


タコつぼ施肥と表面施肥を樹を分けてそれぞれ半分ずつやってみようと思います。


穴掘りに挫折しなければですが。


ちなみにこのタコつぼは、長野県の果樹栽培指針の本や、福島の研究者が書いた本には載っていないのですが、山梨ではけっこうやっている人がいるのかもしれません。


posted by 農天気 at 23:20| Comment(0) | よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: