2019年09月28日

to buy or not to buy?

わが町、飯綱では農業機械をレンタルしています。


主に新規就農者向けにスピードスプレヤーと乗用草刈り機を購入し、民間農業経営体に委託して貸し出しています。


地方創生なんたら交付金という単発の補助金を使った事業なので、たぶん壊れたら「次」はないのではないかと想定しています。


さて、私はもう新規就農者を名乗るのははばかられる立場ですが、ちゃっかり利用しています。ほぼ草刈り機で、SSは一度だけ。

だって、利用者があまりいないので、私が使わなければ宝の持ち腐れですから。


レンタル料は草刈り機の場合、半日1,000円、一日2,000円。

安いですね。


全ての畑を回るのに丸一日かかるとして、それを年8回やると16,000円。

うちの場合もう少し使うので約20,000円。燃料はもちろん自分持ちですが、その他のメンテナンス(オイル交換・刃の交換・修理などなど)はすべて受託している経営体がやってくれます。


一方、この乗用草刈り機(別名モアー)を新車で購入すると約70万円15年使用できたとすると一年あたり約46,000円。そのほかに先ほど述べたメンテナンス代がついてくるので、コスト的には借りた方が断然安い

(農機具の減価償却は7年だろ!というツッコミはなしにしましょう。あれは税務処理上の方便で、零細農家の現金管理には役にたちません)


もちろんデメリットはたくさんあります。

使いたいときに使えるかはわからないし、掃除して返さないといけないし、一度にすべての畑を草刈りするわけですが、畑によって草の伸び方や管理作業に入る時期は違うので、一律同じ時期に刈るというのは非効率でもあります。


うちの草刈り機は中古で買って10年ほどたち、だいぶガタがきていて酷使には耐えないので、主にこのレンタル機を利用していたいました。


ところがこの自前の機械がいよいよリタイヤになってしまいました。

たとえレンタルをメインに使っていても、自分の機械がないのはかなり不便


中古を買ってもそこそこ動くものなら30万円。15年使ったとして(フル稼働ではないのでこのくらいもつとして)一年あたり2万円。

レンタル代と合わせるとそこそこの金額になってしまいます。


適切な時期に自由に草刈りできるメリットを考えると、新車を買うべきなのでは・・・

と悩んで、結局買ってしまいました。


不勉強にして知らなかったのですが、乗用草刈り機の販売元のうち、オーレック・イセキ・共立の3つは、いずれもオーレックの車体を使っているそうです(オーレックは福岡を拠点にする国内メーカーです)。OEMってやつですね。日産の得意な。


ところがオーレック・イセキのエンジンはkawasaki、共立のエンジンはブリックスというアメリカ製だそうです。


なぜ共立がアメリカ製のエンジンを使っているのか、それは大人の事情のようです。

kawasakiのバイクを持っていた(あまり乗ってなかった!)私としてはkawasakiエンジンを推したいところです。

posted by 農天気 at 20:00| Comment(0) | よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: