2019年12月07日

農家は食べ物を大切にするか?

農家は作る大変さを知っているから、食べ物を大切にする


人は多くの場合、農家に「勤勉で純朴」という理想像を見る。


冒頭の一文もその延長線上にある。


でもはっきり言います。


そんなことはありません


農家が集まる宴会では総菜がいつも残され、持ち帰られることは稀。


お店で飲み食いすれば、卓上に料理が残っていても「締めのラーメン」はかならず頼む。


夏には夕顔、春には大根、家庭菜園で収穫したのに消費しきれなかった野菜が畑に大量に捨てられているのをよく見かけます。


考えても見てください。


畑ではよいものばかりが採れるわけではありません。痛みの激しいもの、形の著しくいびつなものなどは、可食部分があっても捨てられます。だって他にたくさんあるのだから。


キャベツ農家は相場が暴落すればせっかく育てたキャベツを収穫せずに畑に漉き込みます。または補助金をもらうために一度は収穫するものの、そのまま廃棄します。

病害で畑が壊滅することもあります。


一般消費者とは食べ物にたいしての感覚がだいぶ違います。畑で育てるときには種苗代や資材代、手間賃はかかっていますが、なかなかコストとしては目に見えない(特に家庭菜園の場合は)。お金を払ってスーパーで購入するのに比べれば「重み」を感じづらいものです。


りんごの作業の休憩時間にはお手伝いさんにりんごを切って提供しますが、皮のむき方はけっこう雑です。

知らず知らずスピード重視で皮が厚くなっている!


もちろん、畑で育っている野菜を見たこともないうえに、自分では買わない子どもたちや、大人であってもそれと大差ない人たちに比べれば、それが育ってくる過程を知っている分、だいぶマシでしょうけど。


posted by 農天気 at 21:10| Comment(0) | よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: