2019年12月28日

意外な遺伝子組み換えの活躍

前回紹介した『誰も農業を知らない』を参照しながら、「遺伝子組み換え」について考えてみました。


著者は遺伝子組み換え作物を肯定しています。


著者の考察によれば、日本人が遺伝子組み換え作物に抵抗を強く感じるのは、日本で遺伝子組み換えが知られるようになった初期に話題になった作物が、除草剤耐性や殺虫能力を持ったものであったことが大きい。


「虫が食べたら死ぬような作物が安全なわけがない!」

「雑草を枯らす除草剤をかけても枯れないトウモロコシは怖い!そもそも作物にも除草剤が残留してるじゃないか!」


これが最初に紹介されたのが「完熟で収穫しても型崩れしない美味しいトマト」だったり、「栄養価の極めて高い野菜」だったりしたら、印象はだいぶ違っていたのではないか?と考えています。


私たちは食物以外でも既に遺伝子組み換え作物の恩恵に預かっています。


私も知りませんでしたが、糖尿病の薬であるインシュリンは遺伝子組み換えによって大量生産されているそうです。従来は豚のインシュリンをとって半合成していたものが、遺伝子組み換えによって大腸菌から生成できるようになったことで、大量の供給ができるようになり、当然コストも大きく下がりました。

抗がん剤・抗ウイルス剤として用いられるインターフェロンという物質も同様です。


数えきれないほど大勢の人がこの技術に救われてきたことは容易に想像できます。


その理由のひとつは「メディアが報じない」からでしょうか。


「遺伝子組み換え怖い」で報道姿勢を決めてしまっているから「不都合な事実」にはやっぱりフタをするんですかね。

「オスプレイ嫌い」なマスコミが、これが海外の被災地で大活躍したことを報じないのと同じです。


一方的な情報にさらされている消費者に冷静な判断ができないのは仕方がありません。


次回は「遺伝子組み換え作物ほど得体の知れてる作物はない」?




posted by 農天気 at 20:58| Comment(0) | よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: