2020年01月18日

個人的には歓迎したいかも

前回、「肉」について触れましたが、折よく新聞で「人工肉」の記事を見つけました。


「知ってるよ、大豆を肉っぽく加工したやつでしょ?


と思ったあなた!


違うんです。


この記事で紹介されている「チキンナゲット」は、鶏の細胞を取り出し、培養液の中で増やして作り上げた「培養肉」です。


「培養肉なんて気味がわるい・・」

と思いますか。


おそらく日本以上にアメリカでは畜産による地球環境への影響や、アニマルウェルフェア(動物福祉)の観点から、肉食を見直す動きが顕著です。


大量の家畜糞の処理、飼料穀物の生産に広大な農地を利用していること。

経済性を重視した非倫理的な動物飼育。


また最近では豚コレラや鳥インフルエンザによる家畜の大量殺処分。

中国では豚コレラのために500万頭(!)を超える豚が殺処分されたとか)


日本では「健康志向」から「脱肉食」が考えられることが多いようですが、あちらの国では「環境保護」「動物愛護」という意識が強いようです。


日本でも畜産は盛んですが、輸出大国のアメリカやオーストラリアに比べれば微々たるもの。

そのため畜産の抱える構造的問題が意識されづらいのではないのでしょうか。


それに飼料となる穀物の生産には広大な農地が必要とされますが、日本の畜産の飼料は輸入依存です。身近で作っていないから意識しない。

(ちなみにたとえ国産の肉であっても、飼料が輸入されていれば、その分は自給率から差し引かれます。肉の消費量を減らすだけで自給率は多少改善します。)


そのうえ安全性の確認など課題は多く、遺伝子組み換えや食品添加物などに過剰なほど抵抗感を示す日本で受け入れられるかどうか、注目です。


参考:信濃毎日新聞1月12日号




タグ:培養肉
posted by 農天気 at 22:10| Comment(0) | よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: