2020年04月18日

わが身の不甲斐なさ

毎年、この時期に飯綱農協桃部会の総会が行われます。


「農業を取り巻く環境は厳しく・・・」の常套句を律義に入れた挨拶から始まる総会は、最後の「スローガン」でお開きになります。


スローガン」では出荷目標箱数と目標売上を宣言します。


今年の目標売上は1億円


飯綱町は一応基幹産業が農業とされていて、りんご・コメなどの栽培は盛んで品質も高く評価されています。おそらく桃はこの2つに次ぐ基幹品目のはずですが、その桃の売上目標が1億円というのはいかにも寂しい。


桃農家が正確に何件あるのかわかりませんが、数十件の農家がよってたかってわずか一億円・・・


中小企業でも年商一億売り上げる会社はざらでしょう。

農業は第一次産業なので利益率は比較的高いとは言っても厳しい。


もちろん農家が全ての生産品を農協に卸しているわけではありませんが、傷むのが早く、個人販売のリスクが大きい桃の場合、「農家の直取引」を加えてもせいぜい2倍ではないかと思われます。


りんごも含め毎度この総会のたびに我々の不甲斐なさを味わいます。

posted by 農天気 at 21:36| Comment(0) | よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: