2020年05月02日

4Hクラブとは

前回、4Hクラブ(よんえいちくらぶ)について触れました。


実は私も4Hクラブとは何ぞや・・?


と問われると、ほとんど知識がない。


アメリカ発祥で、Hを頭文字にもつ4つの英単語から名前が来ている、ということくらいしか知りませんでした。


せっかくの機会なのでググってみると・・


以下、農林水産省のHPより


「将来の日本の農業を支える20〜30代前半の若い農業者が中心となって組織され、農業経営をしていく上での身近な課題の解決方法を検討したり、より良い技術を検討するためのプロジェクト活動を中心に、消費者や他クラブとの交流、地域ボランティア活動を行っているのが4Hクラブ(農業青年クラブ)です。」


ふむふむ・・農水省の所管?


「同クラブは、現在、日本全国に約850クラブ、約1万3千人のクラブ員が、それぞれの活動を通じて、若手農業者の刺激となりつつ・・」


え?全国組織なの? 名前だけじゃなくて?


さらに見ていくと、各県に「会長」も存在するらしい。


長野県にも「PALネットながの」という4Hクラブの団体があるって!


全然知らなかった・・・


仮にも信州で農業に携わって17年くらいになるのに・・・


わが飯綱町の4Hクラブも、そういう団体の下部組織なのだろうか?


話題に上ったこともないし、交流もない。


以前はあったのだろうか。


何せここ数年は年2回の飲み会とそれに付随する講義くらいしか活動していません。


もっと活動的だった時代には他のクラブとの交流もあったのかも。



わからないことだらけなのがわかっただけという今回のお話でした。



今度みんなに聞いてみよう!



しかし、何たらいう感染症のせいで春の総会はやらないでしょうな。中止の連絡もないけど。



ちなみに4Hクラブはアメリカでは4-H club(フォーエイチクラブ)と書くそうです。


4HはHands,Head,Heart,Healthの頭文字です。

posted by 農天気 at 21:16| Comment(0) | よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: