2020年05月11日

上農は草を見ずして草をとり・・?

あれ、うっかり投稿を忘れていました(汗)


今回は土壌処理型除草剤の話です。


うちで行っている高密植栽培では列を作ってりんごの樹を植えています。

この列を「(うね)」と呼びます。


この畝の除草をどうするか。


ウチでは除草剤で処理しています。

畝間(通路)は乗用草刈機で刈り取り、畝は除草剤。

小さな木と細い支柱がたくさん立っているので、刈払い機で刈るのはかなり難儀。


加えて春先はネズミの食害の季節です。畝がきれいな状態である方がネズミの穴が確認しやすいのです。


除草剤を使いたくない人はそれでも頑張って機械で刈っていますが、たいていは草がボーボーで管理しきれてはいないようです。


さてその除草剤。


春先は土壌処理型除草剤を使用しています。


土の表面に除草剤の膜を張って、生えてくる雑草を頭から叩きます


水が張られている水田では、水の中で成分が拡散したあと、土壌に吸着するので、ムラなく処理することができるようですが、畑の土壌でしっかりと表面をコーティングすることができるのか?


果樹栽培では土壌処理除草は誰でもやっている方法ではないので、なかなか参考にする人がいない。


表面をだれが見てもわかるくらいビチャビチャに濡らせばそれは完璧でしょうが、労力やコストとのバランスを考えるとなかなか難しい。


どの程度散布すれば必要十分な効果が得られるのか、見極めている最中です。


同じように散布しても早くに草が生えてくる場所もあれば、長期間にわたって抑えている畝もある


その土壌に存在する種子の種類にもよるようで、なかなか一筋縄ではいかないようです。


ちなみに、「除草剤で草を生えないようにする」と聞くと、「怖いな」と感じる方もいるかもしれませんが、草がない、もしくは短いうちに散布するので、土壌表面に近い位置で散布できます。その分、周囲への飛散が少ないメリットがあります。


さらに、発芽直後の弱い状態の雑草に働きかけるので、ごく微量の除草成分で効果を発揮します。


もちろん土壌表面から下の層への除草成分の流出は起こらないことが確認されています。


除草剤利用の意義は、一般消費者にはなかなか理解しづらい部分があると思いますが、私は、畑を作物及び作業者に都合の良い状態に維持し、かつ見た目に整然とした状態に保つことは農業者の責務だと考えています。


除草剤もまたそのために適切に利用されるべきだと考えています。

posted by 農天気 at 20:11| Comment(0) | よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: