2020年05月30日

花粉取り扱い注意

川中島白桃の実がついていない


この時期、受粉した果実はアーモンドくらいになっているはずですが、それが全然ない!


枝一本に十数個の花がついていたのに、それが全滅・・というのは珍しくありません。


人工授粉をちゃんと頑張ったのに何が起こったのか?!


花粉がほとんど死んでいたとしか思えない。


・・・とここまで考えてハタと思いあたりました。


花粉の保存の仕方を間違えたのか?



ちなみに花粉の貯蔵方法については、下記のような説明があります。


「短期的(1〜2週間)な貯蔵方法としては、開葯後の葯付き花粉をパラフィン袋等に適量包み、乾燥材を入れた容器(茶筒)などの中に入れ、密封して、冷蔵庫で保管します。」


まさに去年まではそうやって花粉を扱っていたのです。


でも貯蔵花粉(前年採取して冷凍保存しておいたもの)の使用方法には次のようにある。


「使用する5日前に冷凍庫から取り出し、そのまま1日温度慣らしをする。翌日外袋から出して湿度慣らしをする。4日後から使用できる。」


外袋というのはアルミのジップ付きの袋。その中袋はパラフィン袋で、アルミ袋の中には乾燥材が入っています。


つまり温度慣らしをした後は、乾燥材の入った密封できるアルミ袋から出して、内袋だけの状態で常温で置いておけ・・と解釈できます。


じゃあ、当年花粉(その年に採取した花粉)も特に何もすることなく常温保存でよいということにならないか?

逆に冷蔵庫に入れたり、通気性のない袋に密封していたら、湿気てしまうのではないかと考えたのです。


かくして今年の花粉は常温放置。加えて開花直前の気温が低く推移したために予想より開花(=人工授粉)時期が遅れて、放置時間が伸びてしまいました。


多分これが大失敗だったのでしょう。


一応農協にも確認したんです。


そしたら電話の向こうで後ろの人に確認する気配がしたのち、「4、5日なら涼しいところにおいておけば大丈夫」との答え。


はい。信じた私が愚かだったのです。


農業界では誰もが思い込みで適当なことを言う。その通りにして失敗したらそれはまさに「信じたあなたがバカなんです」ってことで、誰も責任をとってはくれません。


そもそも「涼しい」の程度を私がはき違えたのかもしれないしれませんし。


ともかく悔いの残る愚行でした。


最終的にある程度の着果量が確保できることを願うばかりです。



posted by 農天気 at 21:47| Comment(0) | よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: