2020年06月20日

持続化給付金

持続化給付金は私には縁のないものと思い込んでいました。


収入が前年同月比50%以上減であることが申請条件ですが、この3〜5月の収入はいずれにしてもゼロだから(収穫物がない)、減りようがないわけです。


ところがどっこい!


農業者への持続化給付金には重大な矛盾があるようです。


まず農家の月収をどう算出するのかというと、年収を12か月で割ります。


例えば年収(売上。所得ではない)が1200万の場合、月の収入は100万円になります。


農業経営では、先月の収入はゼロだけど、今月は300万とかいう例はままあります

収穫期間が限られる果樹栽培もそれにあたります。


例えばこういうケース。

ある年収1200万円のりんご農家では、貯蔵して春まで持ち越しているりんごや加工品がないので、5月の収入はありません。

ところが前年5月の収入は100万円と算出できるので、前年比50%以下どころか100%減です。

うーむ、美味しい・・・


バレれば不正受給ですが、理屈ではありえます。


一方でイチゴ農家が例年、5月に500万円稼いでいるとします。

でも年収が1200万なら前年の5月の収入は100万円。

今年5月の収入が例年の60%減の200万円だったとしても、前年同月の収入の倍も稼いでいることになってしまいます。


当然、自粛期間中に収穫期を迎える生産者の方が損失は大きいはずなのに、この制度では逆になってしまうのです。


どうやって実際に即した対応をしていくのでしょうかね。


りんご農家でもなんとかしてこの給付金にありつこうと画策する人たちがいるかも・・



posted by 農天気 at 00:00| Comment(0) | よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: