2020年07月17日

まさかの大失敗

前回の続きです。

りんごに起こった異常事態。その原因は・・・



肥料としてまいた石灰窒素でした。


断言しちゃってますが、ナゼそう思うのかというと、


同じ畑の中で、石灰窒素を散布した樹にしか症状が出ていないからです。


シナノスイートと名月の列と、ふじの列の一部に石灰窒素を施用しましたが、それはもう顕著にその部分だけに発生しています。


名月の被害が目立って大きいのは感受性の違いでしょうか。


石灰窒素とは文字通り石灰成分とチッソ成分の両方を持った肥料ですが、それ以外にもこの肥料だけが持つ特性があります。


それはシアナミド。農薬としての効果を持ち、そのため石灰窒素は農薬登録されています。

このシアナミド、除草・殺虫・殺菌の3役をこなします。


公には宣伝していませんが、ネズミの忌避効果も強力だとか。


「草を抑え」「ネズミを追い出し」「窒素と石灰が補給できる」、こんな便利なモノがあるならぜひ使ってみたいと以前から利用する機会をうかがっていたのですが、この春、ついに高密植栽培園(小さなりんごの樹をたくさん植える方法)にて実行に移しました。


それが大失敗。


とくに名月についてはこの一年を棒に振ったばかりか、来年以降にも影響が出るかもしれません。


石灰窒素はその成分であるカルシウムシアナミドが、土壌中でシアナミドに変化し、除草・殺虫などの効果を発揮したのち、肥料成分に変化して無害になります。


土の上にまいたら、土壌の表層でシアナミドは無害化し、りんごの根っこには届かない。

そう考えていました。

石灰窒素を扱っている会社のサイトにも「果樹への使用方法」として「春の施肥」が可能だと書いてありました。


シアナミドのせいでなければ何なのか?


ここまで書いてきて、やはりメーカーに訴えるべきだという考えになってきました。

賠償までは望めないでしょうが、原因究明と今後同様の被害を受ける生産者を出さないためにも連絡を取る必要はありそうです。

posted by 農天気 at 20:24| Comment(0) | よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: