2020年08月01日

バッタの恐怖

ケニアでバッタの被害が深刻です。

サバクトビバッタ」がアフリカなどで大発生。

ケニアでは一日に180万トンの作物を食い荒らしています。


え?180万トン?


日本のりんごの生産量は年間80万トン以下ですが。


日本のリンゴ農家が一年かけてせっせと作っているりんごの2年分以上の作物が一日で・・?


さすがに「盛り過ぎ」じゃね?


パキスタンの被害面積はすでに日本の面積の半分に達しているとか。


数字の正確性はともかく、尋常でないレベルの被害が出ているのはまちがいないようです。


アフリカではコロナウイルスのまん延のために農薬の輸送ができなくなり、防除(やはりここでも「農薬散布」ではなく「防除」とボカしています)にあたる労働者や専門家の派遣も難しくなっています。


防除の基本は害虫の発生初期に叩くことですが、初動がコロナの影響もあって遅れたことが大発生の一因だそうです。


アフリカを中心に食糧不足や経済へのダメージが心配されています。

日本は海に守られているため、飛来の可能性は低いですが、この先の援助を考えると、布マスクの配布にウン百億も使っている場合ではないことは疑いようもありません。


このサバクトビバッタ。通常は単独で行動する「孤独相」ですが、何かのきっかけで群れをなすと、「群生相」に変化するそうです。暗い体色になり、羽が長くなって頭も大きくなる・・と外見まで変化するんだとか。怖い〜!


もっとも孤独相だったバッタが突然変身するわけではなく、生まれたバッタの中に群生相が混じってくるということです。母親が群れの中にいると、群生相が生まれる可能性が高くなるそうで、う〜む、神秘的・・・


日本でも昔はイナゴの害がけっこうあったんだよな〜と思っていたら、これは間違いで、イナゴじゃないんですって。バッタの害を中国で「蝗害(こうがい)」と呼んでいたのですが、この「蝗」の読みに「イナゴ」をあててしまったことから一部で勘違いされてしまったそうです。


田んぼにいるイナゴが害を起こすことはないそうです。


日本で飢饉を引き起こした(かもしれない)のはイナゴではなくやはりバッタでした。


うーむ、恥かく前に知ってよかった・・


参考:信濃毎日新聞7月26日・Wikipedia

posted by 農天気 at 22:05| Comment(0) | よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: