2020年09月19日

今のうちに用心・・

先週はお休みしました。失礼しました。



果実の盗難は以前から農家を悩ませてきました。


聞いた話では、さくらんぼ農家はビニールハウスの入り口にあえて施錠をしないそうです。ビニールですからその気になれば簡単に破いて入ることができます。どうせ盗まれるならハウスの損害は避けたいということです。悲しすぎますね。


今年は盗難のニュースを例年以上に耳にします。高級果実の代名詞となったシャインマスカットをはじめ、栃木県では梨が3.6tも盗まれたとか。

出来心で数個奪っていくならまだしも販売目的で大量に強奪するのは許せんことです。


スーパーでも本屋でも万引きの被害は大きいそうですが、仕入れ販売ならまだお金のことだけですが、自ら何か月も手をかけてきたものが、いよいよ収穫という時期に奪われる悔しさは想像できます。被害農家が言っていた「はらわたが煮えくり返るような思い」というのは大げさではないでしょう。


私たちの地域では大規模な窃盗はまだありませんが、狙われるのは時間の問題です。


今の内に効果的な防犯策を・・・


センサーライトやアラームでビビッて逃げて行ってくれるなら話は早いのですが、本気で来る相手には無意味でしょう。


某農業資材店で実演されていたのは、センサーで不審者を感知すると、アラーム音が鳴り、「不審者を感知しました!セキュリティーセンターに通報します!」とか叫んでくれるものですが、通報がウソだってのは・・・バレますよね。


生産者が交代で夜に見回りをするという取り組みは各地でやっているそうですが、21時、22時に見回ったところでそんな時間に窃盗犯が来るはずはありません。深夜2時、3時ですよね、きっと。


そうなると自分たちでは難しいから、専門のガードマンをみんなで雇って・・というのも一案かも。


防犯カメラで録画しても犯人が追跡できるかは疑問。


センサーで感知してそれを通知してくれるのがもっとも良いのですが、今のところそういうシステムは一般販売されていないようです。スマホみたいのとセンサーを組み合わせて、感知したらこっちのスマホに通知する・・というのは技術的にはそれほど難しくはないはずですが・・誰か開発してくれないかな?

posted by 農天気 at 22:01| Comment(0) | よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: