2021年02月27日

スーパーサイヤ人現る!

「除草剤効かない外来種定着か」(信濃毎日新聞2月23日)

という記事がありました。


オオホナガアオゲイトウという雑草で、除草剤が効かなくなったものが国内三か所の港で確認されたそうです。


どのタイプの除草剤が効かないのかの記述はありません。しかし、「米国では2000年代、主要な除草剤の一つ「グリホサート」の働きを弱めるよう遺伝子が変化したタイプが見つかり」という一文があるので、この国内の種もグリホサートが効かなかったのかと推測しています。


「グリホサート」は世界でもっとも使われていてかつ悪名も高い「ラウンドアップ」の主成分で、ジェネリック農薬も多数販売されています。


大量に使われているから、耐性を獲得した種も生まれやすいと思います。これが国内で初めての確認というのがむしろ意外でした。殺ダニ剤は抵抗性が発達しやすいので、新薬開発とのいたちごっこですが、ジェネリックが出回るほど長く使い続けられるということは、除草剤は耐性が発達しにくいみたいです。


ちょっと気になったのは「遺伝子が変化した」という表現です。

薬剤耐性(殺虫剤に対しては抵抗性)とは、その薬を浴びた虫・病原菌・草がスーパーサイヤ人のように復活して獲得するものではありません(スーパーサイヤ人は、瀕死の状態まで痛めつけられてから回復すると、それ以前よりはるかに強くなる※筆者注)。

もともとそういう遺伝子を持っている個体が生き残って、それが増殖することでやがてその種全体が耐性を持つのです。


このあたりの桃やりんご栽培は除草剤への依存度が相対的に低いです。ほとんどの生産者が、雑草を「抜く」より「刈る」ことにより管理しているので、除草剤が使わなくともなんとかなるからです。


しかし、除草剤に頼らないと経営上、とても厳しい状況に追い込まれる作物もあるでしょうから、今後どうなっていくか気になりますね。





posted by 農天気 at 21:34| Comment(0) | よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: