2021年05月15日

宿舎は欲しいが・・

りんごや桃づくりでは、繁忙期と閑散期があります。

暇なのはやはり冬の一時期ですね。

他の時期は何かしらやることはありますが、パートさんの必要な人数というのは変わってきます。

一番人手が欲しいのは摘果の頃。それも5、6月ですね。桃ではその後の袋かけもなるべく早く終わらせたいので、お手伝いがいるとありがたいです。


りんごの葉摘みや収穫ももちろんある程度の人手は要りますが、摘果の時期ほどではない。


つまり、パートさんを抱えていても、常に仕事を供給できるわけではないということです。


シルバー人材センターのようなところから派遣してもらうのがよいのですが(厳密には「派遣」ではありません)、生産者にとって手伝いが必要な時期はみんな一緒なので、パートの取り合いになってしまいます。


個人で季節限定のパートを確保することができれば理想です。

県外から住み込みのお手伝いを募集するというのが有効ですが、そのためには住処を用意しなければなりません。賃貸アパートはこの町にもいくつかありますが、期間限定で貸してくれるところはないでしょう。


「自分で簡易宿舎を用意できれば・・」と考えながら、ぬぼ〜っと、都合のいい空き家でが出てくるのをあてもなく待っています。


そこへある情報が!


なんと町が、賃貸アパートや従業員宿舎の建設に1200万円の補助を出すというのです。もちろん建築費の全額ではなく、1200万円を上限に半分までとかそういう条件だと思いますが、かなりの大盤振る舞い。要は県外から人を呼び込むために、住むところを作ってくれるなら応援しますよ、ということなんですけど、こんなことで投資に見合う「有益な」人が町に来てくれるとは思えません。


ちょっと心揺れたのは確かですけど、冷静になって考えれば今はそこにお金をつぎ込むべきではないし、そもそも補助金先にありきの投資は危険だと考えているので、乗っかることはないと思います。

posted by 農天気 at 21:53| Comment(0) | よもやま話

2021年05月01日

技能実習生と特定技能

「技能実習生」「特定技能」。名前が似ていて紛らわしい。

この制度を利用する当事者以外は何が違いなのかさっぱりわからないのではないでしょうか。


GLOBAL HR MAGAZINEというサイトによりますと、「技能実習生とは開発途上国出身の方に日本の高い技術を現場での実習を通じて習得してもらい、帰国後に培った技術を広めていただくという国際貢献を制度の目的」としていて、特定技能は、日本企業の人手不足を補うことを目的としています。


技能実習生として来日して、一定の期間努めると、特定技能資格者になることができ、転職も可能になります。さらに長い期間仕事を続ければ、永住資格を得ることができます。


2019年に特定技能の制度ができるまでは、技能実習後に日本に滞在し続ける方法はなかったので、日本で働き続けたい人たちのための道を開いたというのはあります。


現状では、技能実習生制度の目的はお題目で、「日本の高い技術の習得」ではなく、単純労働に従事させられることが多く、「国際貢献」ではなく「日本国内の労働者不足の解消」のために利用されています。


特定技能については双方にメリットがありそうですが、ここにもさまざまな闇がありそうです。これについてはまた調べてみます。


話は変わりますが、私は以前、高原野菜を生産する農業法人で働いていたとき、研修の一環で、レタスの大産地・川上村で仕事をしたことがあります。そこの受け入れ農家は、当時は日本人の期間バイトを利用して繁忙期を乗り切っていましたが、今はベトナムなどから人を受け入れているそうです。


信濃毎日新聞の「五色のメビウス」という連載で、先日この農家さんの例が紹介されていました。実習生に仕事のこと以外でも積極的に声をかけて良好な関係を維持するようにしていると語り、一度も失踪者を出していないそうです。私が研修に行ってから20年が経ち、はからずも新聞紙上でその近況を知ったのですが、当時の人柄を思い出し、変わらずバイトと向き合うその姿勢を知って嬉しくなりました。



posted by 農天気 at 16:00| Comment(0) | よもやま話

2021年04月25日

復旧工事中

ずっと利用していた独自ドメインが知らぬ間に(?)失効していました。


メールが受信できないので不思議に思ったのですが、まさかドメイン自体がなくなっているとは!
当然、ホームページは閲覧できない状態です。

ブログとドメインは関係ないので、更新も閲覧もできるのですが、今週は休ませていただきます。

しかし、ホームページからブログに入る方が多いと思っていましたが、アクセス数はあまり変わらないので、ブログ自体をお気に入り登録していただいてるのか、キーワード検索で来てもらっているのか、いずれにしてもありがたいことです。
posted by 農天気 at 08:14| Comment(0) | よもやま話